>

集客する方法を選ぶには

ターゲットの絞り込み

様々な特徴のある集客方法から、自社にあった方法を選択するためには、先ずターゲットについてを明確にする必要があります。
どんな年齢、性別、職業のユーザーに利用してほしいのか。
既に購入や利用をしてくれたユーザーがある場合は、その情報を整理します。
何が決め手でその商材を選んでくれたのか、そのユーザーの年齢層は、職業は、どんな悩みがあって興味を持ってくれたのか、などです。
これらの情報をもとに、商品をアピールしていくターゲット像を明確にしていきます。
実際に言葉にしていくと、キャッチコピーを決めたり、コンテンツの企画などをする際にもアイデアが湧きやすくなったりします。
複数のチームメンバーにも伝わりやすくなるからなんですね。

利用する手法

ターゲットが絞れたら、その層に「刺さる」情報をピックアップし、「なぜ、当社の商品(サービス)が必要なのか」をアピールしていきます。
年齢層が高めであれば、ネット検索でヒットするようなSEO対策に注力したり、SNSであればFacebookを中心に運用し、商材に対する認知度や信頼性を築いていく形があっているかもしれません。
若年層狙いであればTwitterやInstagramなどのSNSに注力し、話題を投げかける様な運用をメインにし、コミュニケーションを多くとっていくと効果が上がりやすい様です。
また、ターゲットがすぐに結果に結びつく様な潜在顧客なのか、無関心客層を引き寄せたいのか、といったベクトルの違いによっても変わります。
潜在顧客に対しての場合は、即効性のある広告出稿も効果的です。


この記事をシェアする